Japan

世界と日本を融合させたデザインNIKITA MILLER 
公式サイト:https://www.nikitamiller.com/

 

NIKITA MILLER ニキータ・ミラーは、デザインの大好きな夫婦が2017年に生み出した
婦人服ブランド。現在はオンラインストアを展開しています。

 

  • Nikita ニキータ                                          

 ケープタウン生まれ。ニュージーランドの大学でファッションデザインを専攻。

    卒業後メルボルンでNIKITA MILLERを立ち上げる。

  • Omar オーマー

 バグダッド生まれ。ニュージーランドでニキータと出会う。10年以上、広告・デジタル
    デザインに従事。現在はメルボルンのウェブ制作会社勤務のかたわら、NIKITA MILLERの運営に

 携わる。

 

2019年8月にメルボルン市内でポップアップストアを展開し、ライフスタイルメディアとして

名高いBroadsheetブロードシートに取り上げられました。

Broadsheetの記事NIKITA MILLER Broadsheet

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

世界中からインスパイアされるもの

私達は、日常の生活のなにげないワンシーン、人々の交流や集まる空間などから美しさを見出し
インスピレーションを得ます。旅をすることが好きで、日本を含め、いろいろな国で文化を学び、アート・音楽・料理、そして民族衣装・伝統的に使われている素材などを実際に見てきました。

二人とも歴史・芸術・自己表現に富んだ多様性のある文化の中で育ってきたので、異なる文化を体験することに楽しさや情熱を感じます。こういった環境から、ポジティブなレンズで物事を見て
感じ取ることがNIKITA MILLERのデザインに生かされています。

 

素材・シルエットへのこだわり

プロデュースするすべての衣服と空間は「デザインと機能性」をバランス良く取り入れるように意識しています。厳選された綿、シルク、ウールとリネンをブレンドした素材を使い、
着た時の心地よさ、質感を大事にしています。自然光の下で生まれる素材の持つ光沢、
シルエットは大切な要素のひとつとなっています。

シャツはたっぷりしたサイズで、襟にポイントを置くデザインです。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本から学んだこと、今後のこと

日本のファッション、文化はもちろん、日本人の生き方や考え方がとても好きで尊敬しています。

私達の最初のコレクションは、日本の旅行から戻ってきて更に洗練されました。特に、伝統的なものとモダンなものが調和された魅力的な場所として京都の印象は強く残りました。この旅行では1ヶ月近く日本にいましたが、できる限り多くのことを学びたいと様々な角度から文化を吸収し、

人々のライフスタイルに近付くことに没頭しました。

その後も日本への旅行を繰り返すうち、日本でも私達のブランドを展開し、ビジネスができたらと

いう気持ちが強くなりました。日本市場をもっと知るために、まず、現地のデザイン・美学・伝統・価値観を理解することが必要と認識しています。

 

そこで出発点として、ブランドの認知度を高め、日本の方々との繋がりを構築するために、数週間ポップアップストアを展開することを考えています。素材選びから完成まで丁寧なものづくりをすることに重点をおいているので、意図的に少量生産をしています。そのためにも日本のお客様を知り、業界の知識を広げる機会ができたらと願っています。